まちづくり・ユニバーサルデザイン・防災・住まいと暮らしのNPO

まちづくり関連ニュース

一昨年、備中国地域づくり交流会と備中県民局との協働事業で
取り組んだプログラムを協会の自主事業で引き継いでいます。
昨年は幻の備中白小豆復活に向け作付け面積を増やしました。
収穫した備中白小豆は、新見の老舗和洋菓子店・青柳さんと連携し、
和菓子にしていただきました。
幻の食材と伝統の技が融合した和菓子を「松寿」と名づけました。
新見藩の初代藩主関長治候にちなんだ寿福松原通りからその有り難き名をいただきました。
幸せが幾久しく続きますことをお菓子に託しています。
今年のプログラムは、備中白小豆の種まきの後、この和菓子「松寿」を試食します。
さらに、協会の平田隆邦会長から「山」の話を聞き、間伐材を使った簡単なクラフトも楽しみます。
秋の収穫と菓子作りに連動させます。
栽培から加工まで時間をかけてお楽しみ下さい。

■開催日:2011年6月26日(日)10:00~14:00 
■開催地:新見市千屋朝間 平田隆邦さん宅
■内容:備中白小豆種まき、松寿試食、山の話、間伐材でクラフト、昼食
■参加費:大人3000円 小学生以下1000円
 *25日のプログラム参加の方は500円引です
■定員:20人程度
■締切り:6月23日

■お問い合わせ・申し込み先
かのさと体験観光協会事務局(新見市新見 御殿町センター)
TEL/FAX0867-72-6660(月曜日休館)
*かのさとは今年、ポイント制度を創設しまた。ホームページに詳しく載せています。

■詳しくはこちら
「かのさと体験観光協会ホームページ」

posted by admin | 全体 | 2011/06/16 - 11:09 |

ホタルが増えてきました。「ここのホタルは立体的」と感想を話す人がいます。
昔はホタルの光で川の蛇行がわかった、と言われるほどの生息地です。
民家でそば打ちを楽しみ、自慢のホタルの光が点滅する幽玄の世界を堪能下さい。
条件によっては金ボタル(ヒメボタル)が見られるかもしれません。
宿泊を希望される場合、先着で数組を限度にお受けいたします。
また、このプログラムは、翌日の「備中白小豆栽培」とも連動しています。

■開催日:2011年6月25日(土)17:30~21:30
■開催地:新見市哲多町矢戸の只野川等
■内容:そば打ち体験、夕食、ゲンジボタル観賞
■参加費:大人3500円 小学生以下1500円 
■宿泊費:大人3000円 小学生以下1500円(朝食付)
■定員:先着15人
■締切り:6月23日

■お問い合わせ・申し込み先
かのさと体験観光協会事務局(新見市新見 御殿町センター)
TEL/FAX0867-72-6660(月曜日休館)
*かのさとは今年、ポイント制度を創設しまた。ホームページに詳しく載せています。

■詳しくはこちら
「かのさと体験観光協会ホームページ」


posted by admin | 全体 | 2011/06/16 - 11:06 |