まちづくり・ユニバーサルデザイン・防災・住まいと暮らしのNPO
現在の位置:トップページ > 活動履歴 > UD

活動履歴

活動履歴トップに戻る

UDの活動実績一覧

これからの岡山を担う児童、生徒、学生に対して多様な人に思いをめぐらすことの重要性や必要性を体得できるように、県内各地の学校を中心に教育施設と協力し、UDグッズや体験セット等搭載した車両で訪問し、UDの普及啓発活動を121回行いました。



posted by admin | UD | 2013/12/03 - 11:57 |

UDの活動を拡げるため、体験や交流、講座を通してより深く学ぶことができる2事業を実施しました。

『UDウエルカム講座』

UDについてより深く学び、さらなるステップアップを図り、受講者自身のUDの実践に繋げることを目的としたUDウエルカム講座を36回開催しました。
「UD講義」、「UD体験」、「UDまちあるき」、「UD気づきの実験室」、など様々なメニューを組み合わせて、受講者の活動や日常生活により役立てられる講座を行いました。特に企業からの講座の依頼には、接客に対してのユニバーサルサービスについて、多様な立場の対応について学ぶ機会を提供しました。









『UDセミナー』

産業、次世代、地域振興、環境など様々な分野の中からで御活躍され、テレビでもおなじみのユニバーサルデザイン総合研究所の赤池学先生を講師として、「笑顔をもたらすビューティフルビジネス」というテーマで、ビジネスだけど、それが、地域や社会に笑顔を広げていく、そういった「目からウロコが落ちる」、新しい動きや、その基となる考え方についてや「クリエイティング・シェアード・バリュー(CSV)」という、公益と事業益を両立させる活動についてのセミナーを実施しました。




posted by admin | UD | 2013/12/03 - 08:57 |

『UD体験ワークショップ』

建築士の集まる「5会+1」が主催する表町商店街アーケードで行われた防災イベント会場で様々な立場(高齢者疑似体験、車いす体験、白杖・アイマスク体験・妊婦体験)の体験を行いまいました。災害時の要援護者となる方々の対応について考え、ユニバーサルデザイン(UD)について考える場を提供し、UDまちづくりの人材育成を図りました。








『おかやまUDたてものシンポジュウム』

2008年より2012年まで、県内の公共性が高い建物を対象に「おかやまUDたてものコンテスト」を5回開催しました。これまでの受賞されたUDたてものの実践事例の紹介と、これからの社会と建物のUDの関係について岡山理科大学の後藤先生に基調講演をいただき、多様な立場の方々をパネリストとしてパネルディスカションを開催しました。


posted by admin | UD | 2013/12/03 - 06:58 |

UDほっとステーションおかやまの機能を、県内各地に出前する「UD啓発ワゴンサービス」を平成21年度より実施し、3年間の業務が終了し、24年度は「UD訪問啓発サービス」と事業名が変わり、県内各地に出向いてのUD啓発活動を行いました。
多くの学校をはじめ自治会、コミュニティ施設でUDの普及啓発活動を97回行いました。

posted by admin | UD | 2012/12/02 - 11:54 |

県民主体でのUDの活動を拡げるため、体験や交流、講座を通してより深く学ぶことができる2事業を実施しました。

『UDウエルカム講座』

UDについてより深く学び、さらなるステップアップを図り、受講者自身のUDの実践に繋げることを目的としたUDウエルカム講座を36回開催しました。
「UD講義」、「UD体験」、「UDまちあるき」、「UD気づきの実験室」、「UD気づきの研究室」、「UD座談会」、「UD勉強会」など様々なメニューを組み合わせて、受講者の活動や日常生活により役立てられる講座を行いました。特に24年度では企業からの講座の依頼があり、接客に対してのユニバーサルサービスについて、多様な立場の対応について学ぶ機会を提供しました。





『UDセミナー』

現在の社会においては、あらゆるお客様にご満足いただくための接客やおもてなしが企業や自治体に求められています。UDに配慮したサービスは誰にとってもやさしいおもてなしです。そのため、今回のセミナーでは、各地の自治体、企業においてユニバーサルサービスについて指導実績のある「全国ユニバーサルサービス連絡協議会」代表の紀薫子氏に「豊かな心のおもてなし」~ユニバーサルサービス~と題して、ユニバーサルサービスについて、すべてのお客様のニーズにあった接客を、心のユニバーサルデザインの視点からわかりやすくお話いただきました。
「季譜の里」「トマト銀行」「山陽新聞」による企業のUD取組事例発表も行いました。


posted by admin | UD | 2012/12/02 - 10:54 |

『UD体験ワークショップ』

岡山シンフォニーホールを会場として、表町商店街界隈で様々な人の立場(高齢者疑似体験、車いす体験、白杖・アイマスク体験・妊婦体験)に立って利用体験し、建物やサービスのユニバーサルデザイン(UD)について考える場を県民に提供し、UDたてものの普及啓発とUDまちづくりの人材育成を図りました。





『おかやまUDコンテスト
「第5回 おかやまUDコンテスト-わがまちのみんなのたてもの2012-」』

身近な建物で、「出入口」「通行スペース」「トイレ」等の使いやすさや、「案内表示」等の分かりやすさ、「休憩・待合スペース」等の心地よさなど、UDに配慮している事例を募集し、県内各地から22施設の応募がありました。審査委員による本審査(書類審査と現地調査)と一般県民による投票を行いました。最優秀賞は「津山市立東小学校」、優秀賞は「アリオ倉敷」「高梁中央病院」、県民賞は「にいや内科クリニック」が、それぞれ受賞しました。












『UDたてものコンテスト事例集』

第5回目を迎えた「UDたてものコンテスト」において、今後の県内建物のUD化、スパイラルアップのため、これまでの事例・実績をまとめた冊子にするためのデータベースを作成しました。第1回~第5回の入賞作品の紹介、UDたてものコンテストへの取り組み紹介、UD化に当たっての注意点、特に「使いやすさ」「わかりやすさ」「心地よさ」「その地の特徴的なUDへの配慮」の4点について、アイデアやヒントの具体的事例の掲載とUDのポイントについて説明し、今後の建物のUD化への参考になるように作成しました。

posted by admin | UD | 2012/12/02 - 09:56 |

UDほっとステーションおかやまの機能を、県内各地に出前する「UD啓発ワゴンサービス」を平成21年度より実施し、23年度で終了しました。3年間で452ヶ所を訪れ、約5万人の人々にUDについて知っていただく機会を提供しました。


posted by admin | UD | 2011/12/01 - 02:51 |

岡山県内の公共施設のなかでも、特に文化施設は、平成22年に開催された、「第25回国民文化祭・おかやま2010(あっ晴れ!おかやま国文祭)」のフィールドとなり、その盛り上げを支えてきました。その盛り上がりを持続させ、文化施設をだれもが使いやすい空間として利用を促進するためには、多くの利用者に活用される施設が求められます。本事業では
① 展示型文化施設178(岡山県観光便覧より展示型文化施設)を対象としたユニバーサルデザイン対応状況に関するアンケートの実施 
② アンケート結果より32施設の現地調査の実施 
③ UDマニュアル本の作成
施設運営者等のユニバーサルデザインに対する意識の向上を図るとともに、作成したマニュアル本「だれもが楽しめる文化施設」を施設運営者等が活用し、施設の改善やサービスの向上に取り組むことで、県内の文化施設がユニバーサルデザインに配慮した施設運営を推進することを目的として実施しました。


posted by admin | UD | 2011/12/01 - 01:53 |

県民主体でのUDの活動を拡げるため、体験や交流、講座を通してより深くUDを学ぶことができる2事業を実施しました。

『UDウエルカム講座』

受講者自身のUDの実践に繋げることを目的としたUDウエルカム講座を全20回開催しました。
「UD講義」、「UD体験」、「UDまちあるき」、「UD気づきの実験室」、「UD気づきの研究室」、「UD座談会」、「UD勉強会」など様々なメニューを組み合わせて、受講者の活動や日常生活により役立てられる講座を行いました。





『UDセミナー』

平成23年3月11日に発生した東日本大震災より、県民の防災意識が高まっています。災害時において様々な障害のある方々は、避難生活において多くの困難があるため、誰にとっても優しい防災対策であることが重要です。そうしたUDに配慮した防災対策が求められます。
今回のセミナーでは、被災地へ頻繁に足を運び、各地の子どもたちの発想やものづくりを通した教育活動を支援されている中川聰氏(トライポッド・デザイン株式会社 代表取締役)に被災地の現状や支援活動の内容を映像を使って講演をいただきました。


posted by admin | UD | 2011/12/01 - 01:30 |

『UD体験ワークショップ』

岡山駅に直結しておりアクセシビリティの高い、岡山市デジタルミュージアムを会場として、施設管理者・設計者・施工者等を対象に、高齢者疑似体験・車いす体験・白杖・アイマスク体験・妊婦体験を行いました。そして、体験での気付きと、参加者それぞれの立場で改善できる点を考え、実践に役立てるためのワークショップを行ないました。






『おかやまUDコンテスト
「第4回 おかやまUDコンテスト-わがまちのみんなのたてもの2011-」』


身近な建物で、「出入口」「通行スペース」「トイレ」等の使いやすさや、「案内表示」等の分かりやすさ、「休憩・待合スペース」等の心地よさなど、UDに配慮している事例を募集し、県内各地から22施設の応募がありました。審査委員による本審査(書類審査と現地調査)と一般県民による投票を行いました。最優秀賞は「真庭市役所 本庁舎」、優秀賞は「玉野市斎場」「橋本歯科医院」、県民賞は「トマト銀行 高梁支店」が、それぞれ受賞しました。












posted by admin | UD | 2011/12/01 - 01:00 |
1 / 512345